社会人から、看護学校進学希望者へ伝えたい。看護学生の私が感じる「いいとこ」「いやなとこ」

「社会人から看護学校か~。結構ブログとかでも肯定的だしいっちょやってみる?」っていうあなたへ。

看護学校はいいところももちろんあるけど、「SNS禁止」など、なんじゃこりゃって言いたくなることもある。

今日はそんなことを紹介できればと思う。

f:id:bonnoumarudashi:20180819221021j:plain

看護学校は独特

昭和感満載の学校生活

SNS禁止とかあほなんってルールがある

看護学校って義務教育ばりに校則があると思ってもらっていい。(大学は知らん)

髪色、メイクはもちろんのこと、SNSの使い方にも口を出される。

私が通っている学校はSNS禁止だ。じゃあなんでお前ここにいんだって言われたら、それは匿名だし、こんなPV数少ないブログじゃばれそうにないからだよってしか言えない。

おそらく コンビニの冷凍庫に入った学生が炎上したこともあるし、実際に看護学生が患者さんから摘出された内臓をSNSにアップして炎上したということもあった。だから学校側も慎重になってるんだと思う。

学校に通う学生がみんなあほってところはITリテラシーを付けされることが難しいってのもある。

またはそもそも教師にITリテラシーがなくてSNS上でやったらさすがにまずいことを言語化して説明ができない、などの理由から全面的に禁止することもあるのかもしれない。

多分、学校次第ではSNS全然おっけーというところもあるとは思う。

匿名で使っている場合は問題ないけど、顔出し・実名でネットで活動している人は、自分が行きたい看護学校はSNSの利用を禁止していないかどうかを確かめたほうがいい。

炎上防止のために根こそぎSNS禁止(LINEの個人的なやり取りは一部可)とか、さすがに馬鹿なん?っていいたくなる意見をごり押しされる場合もあるので要注意。

こんな古臭い考え方するとか頭の中にウンコ詰まってんじゃねーのって言いたくなるけど、ルールだから従わざるを得ない。従えないならはなっから行くべきではない。

卒業後に働きだしてからSNSで炎上する可能性もあるんだから、全面的に禁止するんじゃなくて、使い方教えればいいやろがって思うけど。古い体制を変えられないところは少なくなさそう。

ええ子ちゃんが評価される

これはある程度仕方がないと思うけど、奉仕の精神で自己犠牲のもと他者に尽くせる人、社会的弱者に優しい人という、分かりやすく看護師に向いているような適正のみが評価される傾向はある。

こういう考え方が素晴らしいことはわかるけど、それが絶対みたいな空気感を出されると気持ち悪くなって絶対従いたくなくなる私みたいなあまのじゃくな人間は割とつらい。

あと、そもそも私の持つ特性が、看護師に求められるものとはがちめに違ってつらい。

そのことが入学してしまってから発覚してなおつらい。

ストレングスファインダーを7年ぶりにやってみた – ゆとりがーでん

この道で自分の特性をどう生かしていけばいいのかさっぱりわからねぇ。

レポートに入る添削の嵐!これ誰の記録だよ

これも前の項目とかぶる部分があるけど、先生たちがよしとする他者のええ子ちゃん思想に書き換えられる場合がある。

医学的に違うんだよ、といわれるならわかるしいくらでも従うけど、なんかええ子ちゃんフィルター通されると気持ち悪くなるよね。

書き直しも面倒だし、模範的なことを書くもんだからレポートが苦行でしかない。

根っからのええ子ちゃん・ええ子ちゃんごっこがうまい器用な人はいいだろうけど、そうじゃなければわりとダメージでかめ。

たいして良くない収入

こないだ、ある病院の面接に行ったんだけど、正看護師なら時給1200円って言われて絶望した。ちなみに病床数500を超える3次医療の病院。

人の健康を大きく左右し、場合によっては訴訟も待ったなし!の仕事だろうに、やっす!って驚いた。

これは多分、地域性が強い。私みたいな田舎の方は安いんでしょうね。がっかりだよ。

准看は目指すな

何を今さら、と思うかもしれない。でも違うんだよ。

「准看経由すら、目指すな」

個人のブログで、准看取って正看取れる学校へ行く間は准看として働けるよって言ってる人もいる。私もそう思ってた。思ってた。

どうも、今は時代的に難しいんじゃなかろうか。勧められる求人は大体看護助手としての勤務だった、准看持ってても。

フルタイムで働けない学生の場合は、新卒研修などを受けて看護師としての能力を伸ばすということが時間の制約上難しいってこと

そもそも看護しての責任を学生に負わせることが難しい&望ましくない

ってことで、看護助手という形での業務が多くなるそうな。

そうなるとさ、准看取る意味がもはやわからないよね。無駄な2年間だよ、時間・学費ともに。

初めからレギュラーのコースで、ストレートに正看護師を取ってほしい。

奨学金が充実してるから、働きながら看護師を取るメリット、ないよ。ほんとに。

ちなみに奨学金って、ニュースでネガティブ報道されまくってるけど、絶対得だから。

金利アホほど安いから。

平成29年なんて、高いほうでも0.33%だからね?無いに等しい。

ホリエモンが「車のローン優遇されてる」って話してたけど、奨学金の方がよっぽどだよ。とんでもねぇわ。

悪口ばっかいってごめんね。いいところもあるんだよ。

直接的に「人の役に立ってる」って思える

いっちゃえば世の中の仕事、全部人の役には立ってると思うけど、医療・福祉業界はわかりやすく人の役に立てるよ。

ありがとう、とか言ってもらえたりね。いや、普通に暴言吐かれるとかざらにあるけど。

日々数字ばかり追いかけて疲れましたわって前・営業職の人とか、自分が何してんのか見えにくいって前・プログラマーの人とか、直接感謝される喜びを口にする人多いよね。

きっと人の役に立ててるって感覚、人間みんな求めて生きてるんだろうなって思う。

間口の広さ

私自身かわいそうなほどお馬鹿さんだけど、看護学校入学することができたし、進級もできたよ。

人生やり直すぜっていうアラサーにも間口を開いてくれる、懐の広い業界だと思う。実習で年齢言っても「そう。多いよね」くらいのテンション。

私みたいな残念経歴にもチャンスをくれる医療・福祉業界ってレアな存在だと思う。一般社会はレールから外れた人に厳しかったりするよね。

それだけ人手不足なんだっても言い換えられるけど。なんにせよ、その開かれた可能性は魅力的だよね。

まとめ

以上が私が実際に社会人から看護学校っていうルートを進んで見て感じたことです。

いいとこ・いやなとこ、どっちもあるけど、一番大事なことは自分自身が人生において何を求めているのかをはっきりとさせることだと思う。

看護師という仕事を通じて自己実現したいと言うのであれば、今までの職歴を投げ捨て方向性を変えるのも十分にありだと思うし応援したいと思う。

でもそうじゃなくて、ただ安定したいだけと言うのであれば辛くなる可能性もあるから強くお勧めすることはできない。

自分が人生において何を求めているのかをきちんと考えて、動いたほうが後悔はないかもと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です