社会人から看護学校へ。最初に考えるべきはどのルートから看護師を取るか。

看護学校に行きたいな。一度社会人経験をしてるけどそれでも行きたい!

そんな風に考える方も少なくないのではないでしょうか。

私は今看護学校に通うアラサーです。私も看護学校に行く前は色々と迷いがありました。

ここでは同じように看護学校行きたいぜっていう社会人の方に役立つような記事を書きたいと思います。

 

とりあえず、この記事のまとめ

・お金のことより先に考えることはどこに進学するか

・社会人が正看護師を取得するまでのルートは大きく分けて3つ

・私のおすすめルート

気になる項目があれば、ぜひここから先を読んでみてくださーい!

 

社会人が看護学校に行きたいならまず進学先を決めるのが第一優先

社会人が看護学校に行くうえで最優先なのが進学先決めの理由

進学費用の予想がつく

進学先を決めなければ、いくらかかるのかという費用面の計算ができません。費用面の計算ができなければ、実際に通えるのかどうかの予想もできません。

 

まず、自分の通える範囲の看護学校をすべて洗い出して、インターネットから学費等の情報を得ましょう。学校までの交通費や在学中に予想される生活費も一緒に計算しておくと後々らくちんです。

 

どこまで勉強すればいいのか予想がつく

看護学校に入学するためには入学試験が必須になります。

 

看護学校は入試の難易度にばらつきがあり、どこまで勉強すべきか、どこからはオーバーワークかは選ぶ学校次第です。

 

入学試験へ向けた勉強を効率よく進めていくために、行きたい学校を初期に決めそこに向けて勉強を始めるのが効率がいいですよー。

 

准看の学校から行くわって人は高校数学なんてしなくていいです。もとの学力にもよりますが、1~2か月も勉強すれば受かるんじゃないかね?

 

正看護師がストレートに取得できる公立の学校を志望するなら、もうちっと頑張んなきゃですね。大学に行きたいならさらに頑張りましょう。

 

 

社会人が看護学校へ行き正看護師を取得するルート

准看護師→正看護師取得できる学校へ

いずれ無くなると言われているこのルート。あまり勧めません。ちなみに私はこのルートです。

 

准看護学校から正看護師を取得するメリット

・働きながら学校に通えるから、手持ちのお金が少なくても学校に通える

・入試が簡単

・中卒でも行ける

・週の半分程度のみ学校で楽

 

准看護学校から正看護師を取得するのをすすめない理由

・准看取得後も結局看護助手として働くことになる場合があり経済的メリットが薄い

・実はトータル費用で考えるとかなり割高(2か所に入学費用など諸々を払うため)

・5年もかかる

・正看護師取得後も基本給が安い(ストレートに専門学校で取得した人と月1万円ほど差がある)

 

准看護学校から正看護師を取得するルートをすすめるのはこんな人

・学力が中学生程度で止まっており、入試まであまり時間の余裕がない

・正看護師の専門学校の入学金が払えない

・体力に自信がない

・小さな子どもがいる

 

このルートは5年もかけて正看護師を取得します。専門学校の人は3年で終わらせることを5年間もやるわけです。

よって1年間の学習の密度があまり高くない。

 

長い期間を要するけれど、時間的余裕も大きいです。でも長すぎてダレる。

 

体力に自信がないからゆっくり時間をかけて取得したい人や、子どもがいるから平日フルで学校には行けないという人にはおすすめのルートです。

 

また、正看護師をストレートに取得できる専門学校の入試に受かりそうにない人もこのルートはおすすめです。

 

卒業さえできれば同じ資格だから。別にどこから入ったってかまわんよ。大卒の資格が欲しいならゆくゆく学歴ロンダリングしたらいいし。

 

ただ、経済的に安く抑えたいなら絶対にストレートに正看護師を取得できる専門学校を選んでください。

准看護学校から正看護師となると、2回入学金、教科書代、実習着の代金を支払うことになります。さらに学費も5年間払うため、実はかなりお金がかかるルートです。

働きながら行けるから金銭的に余裕があるよという認識を持たれがちですが、

看護学校はそもそも奨学金の優遇され方が頭おかしいレベルです(褒めてる)。

在学期間中は働かなくてもいいから奨学金借りてストレートに取得したほうがよっぽど節約になります。

 

専門学校で正看護師を取得

メリット

・早い!安い!うまい(関係ない)

 

デメリット

・学業から離れていた社会人が入試を受けると、ちょっと勉強が大変な場合もある

正看護師をストレートに取得する専門学校ルートをすすめるのはこんな人

・子どもがいない

・入試受かる学力がある

・実習に耐える体力がある

とにかく圧倒的安い、そして早いので一番おすすめのルートです。ただ、おそらく体力的に1番きついルートでもあります。

 

実習期間中、3日間連ちゃんで寝なかったとかざらに聞きます。世の中の看護師さんたちやばすぎだろ。どんな過酷な人生歩んできてんだ。軍隊かよ。

 

大学で正看護師を取得

メリット

・アカデミックな看護が学べる

・正看護師は取れるし、あわよくば保健師や助産師も取れる

・出世できる(今の看護業界は大卒が必須条件だとか)

 

デメリット

・4年と長い

・入試が難しい(ただし学校による)

 

大学で正看護師を取得するルートをすすめるのはこんな人

・大卒の学歴も欲しいし、看護師以外の資格も欲しい人。

・独身、子どもなし、若い人。

 

保健師・助産師は専門学校卒でも取れるので大学特有のメリットではありません。

ただ大学院に行くとなると大卒が必須条件になるので、将来は研究者になりたいと考える人は大学をおすすめします。

 

社会人を経験してきたお姉さま・お兄さま方が大学にこだわる理由もないのではないかと個人的には思います。それくらい1年の重みはすごい。

 

このルートはせめて20歳くらいの方ですね。それより年齢が上なら専門学校でいいんじゃないかと私は思います。

 

社会人が正看護師を取得するためのおすすめのルート

社会人が正看護師を取得するためのおすすめのルートは、

ぶっちぎって専門学校で正看護師をストレートにとるルートです。

早いと安いは正義です。准看護学校から正看護師のルートは中卒の方や子どもがいる方以外は選ばないほうがいいでしょう。うまみが全くありません。あ、ちょっとラクできるかな?これは選ぶ学校次第ですけどね。

 

社会人が看護学校に行きたい場合のおすすめは今置かれている状況による

今自分がどういう状況なのかを考えたうえで行きたい・行ける看護学校を選んでください。

経済面は奨学金やらなんやらをうまく活用して、賢く乗り切りましょう。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です