メンタルの病み上がりが危険!訳わからんから気をつけろ!

私は昔、闇落ち→軽く復活→変な宗教みたいなのにハマるという素敵なルートを歩んだことがあります。闇から戻ってきたあたりが一番危険です。今闇の真っただ中の人、闇落ちしている人のそばにいる人。少し上昇した辺りでとんでもないホームランかますから気をつけろよ!

 

病み中から上昇を始めたときの何が危険なのか?

絶賛病み中より少し戻ってきた辺りが危ないのはエネルギーがあるから

闇落ち中より、上昇したときの何が危険なのか。それは、エネルギーが戻りつつあってことですね。理由の大半はこれです。闇落ち中って本当に落ちまくってるんで、動くのすらままならないというか。うじうじしてて、活動範囲がベッドとトイレだけだったりするじゃないですか。

 

それが、少し上昇すると動けるようになるし、少し思考も前向きになります。スマホ触って、本読んで。ここがね、この時期が超危険。

 

闇が深すぎた人は、少し上昇したときに「かるく逝っとく?」みたいな気分になる可能性があります。動けるから。この話はうつ大国日本では結構有名だと思う。でも私はこのタイプではありません。

 

私は死ぬのが怖い!でも生きるのも怖い!

私は死ぬのは怖いです。というか、死ぬという行為が怖い。だからみっともなくても生きてやろうと思います。でね、こういうタイプの何が危険って、少し気持ちが上がったタイミングで、将来のこととかを考え出すんですよ。

 

闇落ちするような人間の日常はそりゃー目も当てられない場合が少なくないですよ。それが、少し元気になって周りが見れるようになると、現状のひどさに驚くんですね。落ちてる時はひどさをまともに見ることすらできないので、元気になるとちょっと冷静になって、「あれ?これやばくね?」ってなる。

 

したらもう、よくわからない道をわちゃわちゃしながら選ぼうとするんですよ!ばかたれが!(私)

 

実際私は闇落ちから復活後、私がつらいのはきっと煩悩のせいだわ!私、愛に生きる!とかってくそほど血迷ったことを真剣に考えてました。そして、汚れた自分の体をきれいにするために、清めの水的なの飲んでた。ただの100均の青い瓶に水入れて日光に当てた、まじただのぬるい水。

 

今らなら罰ゲームに等しい「1日窓際においてぬるくなった水道水」をありがたがってた。あとインナーチャイルドをいやすためにぬいぐるみに話しかけてた。本買って、グッズ的なの買って、セミナー行ってた。たいしてお金ないくせに、よくわからん小太りのおっさんに課金してた。「ありがとう、愛してる」とか言いながら植物撫ぜまわしてた。狂ってる。

 

ちなみに今では植物に告りながら撫ぜまわすこともなく、何ならサボテンすら枯らすほど植物を大事にできないところまで復活しました!それはそれで狂ってる!超元気です!

 

闇の中では動かないからあんまり危険はない

絶賛闇期にはそんなことしねーですよ。だって息するので精一杯みたいなテンションだし。ただね、ちょっと元気になると「ちょっと逝っとく?」か、「やべぇ道を爆走」とかっていう極端なことをしちゃうんですよ。「少し元気になった。ゆっくり進もう」っていう正解は導き出せないの、きゃつ等は。

 

ちょっと逝っとくルートよりは、やべぇ道爆走ルートの方が生きてるしいくらかましだけど、それでもよくはないですよね。この間まで病んでた人が、ぬいぐるみと会話しだしたら完全に「あ、入院だな」って思いますよね。(幻覚じゃない。努力のベクトルを間違っただけ)

 

やべぇ道爆走ルートの危険性とは?

やべぇ道爆走ルートは、爆走中にキモい行動をするから目が汚れて迷惑とか、よくわからんおっさんとグッズに課金するから腹立つとかそういう理由だけで危険なわけではないです。

 

やべぇ道爆走ルートは、冷静になった時が危険なんです。(もちろん冷静にならずに完走しようとするのも危険)

 

冷静になった時、変なモンにお金・時間を費やし、残ったのは立派すぎる黒歴史だけという現実がのしかかってきます。ほんとうにびっくりするから。

 

私の場合はそこで失ったお金や時間よりも、「お前あの頃ぬいぐるみをいつも抱えてたよね(成人してた)」って家族から傷口をえぐられるのが一番嫌ですね。金握らせて黙らせたいなって思う。

 

闇から少し戻った時は先を急ぎすぎないで

闇から少し戻ったタイミングで、先を急ぎすぎるのは止めましょう。今じたばたしても、いい意味でも悪い意味でも人生がすぐに変わることはないから、少しゆっくりしたらいいやん。少しゆっくりして、調子戻ったら動き出したらいいやん。

 

今まで動かんでじっとしとった人間が一気に立ち上がって歩き出そうとしたら、貧血で倒れる可能性大ですよ。まずは上半身を起こす、次に視線を上にずらす、そんでめまいがしないなら立てばいい。きついならまた座ればいい。そうしながら、時間かけて動き出したらいいですよ。

 

とは言え、自分自身を冷静に見るのって難しいので「今は闇」「今闇から少し戻った」とか、自分自身を正しく評価しづらく、ゆっくりすべきタイミングかぼちぼち頑張る時かわかりづらいんですけどね。ここは、自分一人で最適解を見つけるのは難しいのかも。

 

自分を深く知ってくれている人、かつ「病んでるとかメンタル弱いだけ」とか無茶苦茶言わない人に、助言をもらうのがいいです。そんな人いたらそもそも、そこまで病まねーよっていう声も聞こえてくる。全ての人に「周りに意見求めなよー」とかは言わんけどね、まぁ頼れる人がいるなら頼ったらいいさ。

 

とりあえずね、少し元気になった時期に考えることは美味しいご飯と猫がかわいいってことだけでいいから。将来のこととか小難しいことは、何なら来世にでも考えたら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です