超有名なブロガーたちのブログを読んで気付いた!無名な人との違いを解説

よぉうし、私もブログで発信力を高めるぞゲヘゲヘと息巻いています。

そこでまずはやっぱり?インフルエンサーのブログを読み込むことじゃないですか?ほら、武道とか守破離を大事にしますし?私高校生の頃弓道部でしたし?

 

経験豊富なブロガーたちのブログの魅力的な点

タイトルが違う

やっぱこれね、記事のタイトルが惹きつけてくる。どんどんリンク飛んじゃうから。直帰率とか低いんだろうなってすぐに予想がつく。タイトルが日付みたいな何が伝えたいんだこらとかだとクソすぎて読む気しないもんね。

 

知り合いとか、すでに中身が面白いことが予想されている人ならそれでもいいし、普通に読むけど。何の影響力もない・面白さの信頼もない・コネもないこのブログを人様に見ていただくには、キャッチーなタイトルをつけなきゃいかんのだろうな。

 

デザイン

しゃれおつ。かっこいい・かわいいなど、プロやんっていうのが一瞬でわかる。おそらく、10m先にディスプレイを置いて、どのブログが面白そう?って質問するだけで圧倒的に差が開きそうなほどの洗練されたしゃれおつ空間。

 

私のとりあえずなんか書かせろよっていうスタンスとは一切違う。プロたちぱねぇぜ。ちなみに、私は阿部寛のダサすぎるホームページはこの世で一番クールだと思ってる。

 

阿部寛のホームページ

 

しかし、だ。私は阿部寛ほど容姿も優れていないし、稼いでもいないし、影響力もないし、そもそも芸能人でもないので、同じ土俵で戦うようなクレイジージャーニーなことはしない。だから眺める。ただただ眺めて、このだっせぇHP(失礼)でPRできちゃう阿部寛の圧倒的な才能に嫉妬する日々を送ることにする。芸能人凄いぜ。

戦略的

これは全てにおいて関連することだと思うけど、だれをめがけて書いているのか、どうすれば読まれるのかを緻密に計算してやってんだろうなってのが一目瞭然。ただ書けばいいという次元ではなくて、どう書けばいいを意識し、さらにそれを頭の中で完結させずに行動に落とし込んでブラッシュアップしてってんだろうな。

 

実は私、この戦略性という資質は大して強くない。ストレングスファインダーでも「戦略性」は14位と超微妙な順位をたたき出している。

 

「収集心」という情報を集めることは能動的に苦なくやれるから、一般化された戦略、例えば大半の人にはこういうコミュニケーションスタイルが効きやすいとか、そういうものは知ってるから使える。

 

でも、自分自身の持つ資質、経験をもとに、どうやって発信していくか、どういう自分自身の位置づけが最適か、なんて戦略的な思考はあんまりもってない。

 

これは自分でも自覚していることだし、実際に資質の順位にも表れている。でも、生きていくうえでは、おそらく必須項目だし、むしろこれさえあれば割といい線行くと思うから、ちょっと意識して伸ばしていきたい能力。

 

行動力と熱量

これ凄い!これはマジで天と地ほど差がある。1次情報をいっぱい持ってるし、どんどん社会との接点もって色々やってる!引きこもり根暗、及び腰が平常スタイルの私とは圧倒的に違う。そしてたぶん、戦略的な思考と同じレベルでいい線行くための必須項目。

 

多分どこでどう振舞うか(戦略)を考えて、思い立ったらすぐ実践(行動力)、この2つがあればすっげーいいスタート切れると思う。分けてー私にも分けてー。とりあえず、デザインをどうにかしたい私は、近々Word Pressに移行しちゃうぞ作戦を計画中で、さっきサーバーを契約しました。行動力大事!

自信

逃げ道を用意せずに、ごりごりやってのけている印象も感じた。特に顔出し・実名党の人はすごいよね。日本国中に自分の存在を知らしめてるわけで。もしブログでこけたらダメージ大なのに、そういうの一切関係ねぇってノリでやりたいことやってる。

 

顔出しなし・実名なしの人もさ、文章に迷いがなくて読んでいて気持ちがいい。芯のある文章だよ。おそらく芯があるから嫌われることもあると思うけど、みんなにきらわれないとか誰にも好かれていないようなものだからね。そういう強さを出せるってのは魅力の一つだ。

 

案外そんなに凝ってなかった点

文章の構造上の抽象度

逆にそんなに凝ってないんだって驚いたのが、文章の構造上の抽象度。見出しのつけ方の話なんだけど、これとこれが同じレベルなんだ!?っていう驚きが結構あった。

 

案外抽象度をきっちりしっかり分けるっていうことに労力は費やさないんだね。抽象度をぴしゃっと揃えることにそれほどリターンがないから、とかそういうことかな?

 

読み手にとっては内容が頭に入ってくればいいだけだし、見出しのレベルは抽象度を意識してきっちりと揃えるみたいな正しさは、そんなに必要とされていないのかもしれないな。

 

全部が全部深くて面白い記事じゃない。

これも意外だったっちゃー意外だった。正直、これ薄味!って思うような記事も割とあって。あぁ~質も大事だけど、量も大事だよね、薄味でもファンは読みたくなるんだろうな。(偉そうにすまんな)

 

まぁとんでもない記事数を書いてるわけだし、その中の一つや二つ、響かない記事があるのも当然か。全てを100点満点に仕上げてからアップするとか考えずに、60点で合格!くらいのノリで書いていけばいいのかなと思った。

 

まとめ

タイトルに力を入れるとか、デザインを頑張ってみるとか、今すぐできる参考になるポイントもあったから、ぜひ取り入れていきたい。また、とりあえず見切り発車くらいの気持ちで、記事をだしちゃうのも悪くないよなっていうのも感じた。

 

全てを高いクオリティで発信することが理想的だと思うけど、高いクオリティってとこで引っかかって更新できないよりは、まぁまぁでおっけーという軽い気持ちで行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です